2013/01/24

Food + DIY = Food Jammers!

It’s been very cold winter here. Some area in Japan got less than minus 20’c, and TV news constantly reports it by using wet towel or cup noodles to show how quickly they freeze. And this view reminds me of my Canadian winter days…


First snow is fun...

 After I graduated the university in Tokyo, I’d worked at a company in Montreal, Canada for 3 years. I’d never lived outside of Japan until then, and my hometown Gunma is quite cold place in Japan, so I underestimated the coldness of Canadian winter, which is below minus 25’c… It was harsh. Really really harsh… It was no longer “it’s cold!” but “it hurts!”. My hair freeze, my eyelashes freeze, milk I bought at the supermarket became sorbet on my way home… (sigh) I could have enjoyed more of that winter time with… like going to work with dog-sledge or staying at ice hotel… but in reality, I just spend my days back-and-forth between work and home sobbing for those frozen milk … 

but you know, you can use your balcony as extended freezer, 
that was handy…


No no, I’m not telling my sad old stories, here I want to write about what brighten me up in such violent cold time.

There was a Canadian cooking TV show called “Food Jammers” (aired on Canadian food network). In short, it was about 3 boys who like to cook and make things. In each 20min or so episode, they come up with original and surprising way to cook their favorite meal.




For example: (there's short video clip on linked page)

- We want, but it’s too heavy to bring roast turkey for camp, isn’t it?
  -> Why don’t we cook roast turkey and dehydrate it, it will be lighter!

- Pizza rules! But they're always flat, why don’t we make something different?
  -> Let’s make 3D pizza… like stairway or dice shapes…



 3D pizza slideshow

- Imagine if we could get our favorite hot tacos whenever we want…
 -> Tada! Automated Taco Machine!

- I’m stuck in the office, but we have BBQ party plan. Can we do that in the office?
  -> Did you know that drawers and shredder are quite useful?

- It’s cold.. we crave hot tub.. btw, we heard there’s a hot pot meal called “shabu shabu” in Japan.
  -> Let’s cook and eat Shabu Shabu while enjoying outdoor hot tub!

etc etc..

It was very fun and creative show, and their food looks yummy too (and the boys are cute). I really enjoyed watching it every time. Too bad I still haven’t watched their Season 3, but I heard it’s getting wilder, such as baking a pie on a raft… (where can I watch? Any plan for DVD release? then can I do subtitle…?)

Thousands of people, thousand of way to perceive the world… it’s inspiring to see how they enjoy their daily life. ..and this gets me thinking that maybe I could have done something enjoyable even with milk sorbet… (or not…)

I noticed that someone uploaded 2 episodes from Season 1 on YouTube:

Episode 1 “Kick-The-Can Ice Cream” (Homemade icecream on camping, check from 20:27! Wanna try this!)
Episode 2 “Dehydrated Turkey”  (the one I mentioned above)

Food Jammers Official website provides details, design, photos, recipes of each episode. If you are interested in cooking and mechanical stuff, I strongly recommend checking it. :)

2013/01/23

料理 + メカニック = Food Jammers

温暖化はウソなんじゃないかと思うほど、この冬は寒い日が続きますね。ニュースで「タオルを回すと凍る」とか、「バナナで釘が打てる」とかいう話を聞くと、カナダで過ごした冬のことを思い出します。

雪が降ってテンションが上がるのは最初だけなの・・・

 大学を卒業したあと、私はカナダのモントリオールにある企業で3年ほど働いていたのですが、これが本当に寒いところで・・・。それまで関東平野を出たことがない人生。「群馬の寒さに耐えられればどこでも大丈夫!」とタカをくくっていたのですが、これが甘かった。甘すぎた・・・。私の記憶では、だいたいマイナス17度あたりが分岐点で、これ以下になると「寒い」ではなく「痛い」という感覚になりました。帽子をかぶらないと髪の毛が凍り、まつ毛もハナ毛も凍ります。口のまわりにマフラーを当てないと、息をするのも辛くなります・・・。決死の覚悟でスーパーに出かけても、帰り道で牛乳がシャーベット状に、、ということも起こりました。(寒すぎて雪も降らない。夏は35度まであがるけど。)

ベランダが冷凍庫代わりになります
自分で気に入って住みたいと決めた街だったとはいえ、この寒さが3ヶ月以上も続くと、、、日増しに故郷を想う時間が増え、、、(涙) 犬ぞりに乗るとか、氷で出来たホテルに泊まるとか、何かあの冬の楽しみ方はあったのかもしれませんが、私は器用に出来ず、ただただ会社と家の往復、シャーベット牛乳の日々を送りました。

そんなわけで身も心もフローズンなカナダ生活でしたが、私の支えとなってくれるものはありました。ダラダラと長い前置きになりましたが、今日はそれを紹介したいと思います。

カナダのフードチャンネルで放送していた「Food Jammers(フード・ジャマーズ)」というテレビ番組です。簡単に言うと、「食べること」と「ものづくり」が好きな男の子3人組の料理番組です。舞台はカナダのトロントです。1回の放送が20分くらいあって、毎回びっくりするような方法で料理をして楽しんでいます。



例えば・・・(リンク先には短い動画があります)

・キャンプで七面鳥のローストを食べたいけど、7kg近いものは運べないよね
  →料理した七面鳥を乾燥させて、現地で蒸して食べれば軽くて済むんじゃない?

・ピザ大好き!でも自分たちで普通じゃないピザも作ってみたい!
3Dのピザを作ろう・・・ 階段になってたり、大きなサイコロ型になってたり、、


 3Dピザのスライドショーだそうです

・食べたいときにタコスがすぐに手に入ればいいのにな

・仕事がつまってて抜け出せない!でもオフィスで料理してごはんが食べたい!

・冬は温かいお風呂につかりたい。それと、日本では「しゃぶしゃぶ」っていうのを冬に食べるらしい。


などなど、あります。

 本当に面白くて、クリエイティブで、出てくる料理もおいしそうで(しかも3人ともキュートだし♡)、この番組を見るのが本当に大好きでした。思考の数だけ世界はある、ってどこかで聞いたことがありますが、まさにこの番組を見るとそうだなぁ~と思います。こんな日常生活のエンジョイ方法があるんだな、と毎回驚きと感心でいっぱいでした。

 できるだけお金をかけずに、身近で手に入るものを使ってチャレンジしているので、この番組を見た小さい子が真似してやってみた、なんて話もどこかで見ました。

残念ながら私はシーズン2までしか見られていないのですが、シーズン3ではイカダの上でパイを焼いたり、太陽光だけで料理をしたりと、さらに楽しそうな感じになっているようです。(どこで見られるのー?DVDにしないのー?出すなら字幕つけさせてー笑)

現在は放映されていないようですが、どなたかがYouTubeにシーズン1の第1話と第2話をアップしていたのでリンクをはっておきます。(英語のみですが、本人たちがやろうとしてることは分かっていただけるかと)

1話では、キャンプで手作りアイスを食べたい!(20:27~のくだり、すごく真似してやってみたい!)
2話では、上記の七面鳥ローストのエピソードが入っています。

Food Jammersのオフィシャルページでは、すべてのエピソードの詳細と、設計図、写真、レシピなんかも公開されています。
料理とものづくりがお好きな方には、とにかく見てみてーと言いたいです。

2013/01/13

Dear Diary: The year +1


Most intriguing video in 2012
Though I didn't have much time to go to the theater last year, I fortunately run into some interesting/inspiring videos online.. Among obvious ones and many others, here is what haunted me for a while…


I found this on Daily Mail’s article in last July, this video shows how Time Traveler’s Party hosted by Stephen Hawking went. Somehow this got me thinking “what is the best way to promote this party for future people?” It's probably for several thousand years later, so forget about TV or internet. Then, what? Keep it in the library? Put it in a bottle and bury it? Send it to space…??

But no one showed up. So, this means either time travel is impossible, or preserving this invitation is impossible. No matter how we try in the future, it’s impossible. The proof is there. I don’t know about you, but this just stunned me. Just one simple party, and this could prove 2 things!? Wow. No wonder Stephen Hawking is called genius..
(But hey, what if there’s Time Patrol in the future like an anime? You know, those people who stop you if you try to change something in the past??)


Gunma-chan (Orange Pony)
If you happened to check my Japanese blog post, you may see orangy horse-looking mascot. That’s Gunma-chan, a mascot pony of Gunma-ken. It’s getting really popular to have local mascot in Japan: prefectures, city, town or organization now have their own mascot like soccer or baseball team.

Gunma-chan cake
A few months ago, Gunma-chan got 3rd prize at Japanese local mascot contest. Total 865 characters participated. I know this is crazy, but as a least known prefecture, it’s a big deal. Now Gunma is overusing Gunma-chan for anything. Booklet, website, events, merchandise, cakes… anything you can think of. Being Gunma native, I've known this guy like forever and I didn’t even care about it. But the recent surge is tough to ignore… I started to feel sorry for this pony. They really made him work like a horse… not just sending him to events, lately they make him clean the room too... I don’t know… I really don’t know what they want to do anymore… Poor Gunma-chan, his work blog is here. (Why pony? "Gunma" in Kanji character can be read as "a herd of horses", that's why.)


New Year
Traditional way of celebrating new year’s eve in Japan is to be with family and watching year-end music show together while eating soba noodle. So I did that, and while doing that I could play “The Room”. It was fun and it was good new year’s eve (family, tradition, cutting-edge game at the same time, a lifehack right?).


So, 2013 is here. New year, new calendar, new resolution.
…well “resolution” is intimidating word, so I’m gonna write down some casual wish lists such as where to go and what to do.. that way it’ll be more fun (and it’ll be long list). 
Hope this new year will be filled with happy surprises for us.

2013/01/08

Interview with Japanese demoscener - q (coder from nonoil, gorakubu)


After translating the demoscene documentary (Moleman2) last year, I could get to know Japanese demosceners on Twitter. (Thank you. And you should join, too..) Life is funny. Now that I know they are there … why not using this opportunity and pitching some questions? So here you go, this is an interview with Japanese demo coder “q” from nonoil. His 64k invitation demo “Candy” was lately ranked 1st at “2012 Best invitation demo” of 4Sceners.de.

In this mail interview, he explains why he chose demo over creating game, how he makes demo, some inside story around his demo and his workspace…with photo (Yes!) It’s a full of practical tips for non-demosceners too. 
Enjoy!


----------------------------------------------------------------------
First of all, could you please introduce yourself briefly?

Photo: gorakubu.jp
Hello, I’m q. I used to be in one-man group called nonoil, and now I’m a coder in gorakubu.


How did you find demoscene? What motivated you to create your own demo?

The first demo I saw knowing that ‘this is demo’ was elevated.

I’ve made some casual games before but it didn’t go well for 2 reasons;
1. I simply wasn’t good at collaborating with other people.
2. I didn’t have much interest in games.
Demo can resolve these 2 issues. I mean, you can create demo by yourself if you have ideas, and even just a one-liner joke can be appreciated if it’s sophisticated or original.
# Of course, some evaluates the total level of performance.
# There are some games with such nature (like GGJbut I don’t think these are the mainstream.

I like graphics programming but it accounts for only a small percentage of game development. Creating game is very difficult since it requires programming in different fields, planning to make it fun and creating resources (pictures and music). But when it comes to demo making, as long as you are able to do graphics programming you can create procedural graphics demo. And if you are challenging small size category, seems like it’s ok to have not-so-dynamic sound.
# Of course not everyone is ok about it, some people really care about sound.


I assume the impact” is the very first demo that you created.. How long did it take to make this? And how long do you usually need to make one demo?

日本のデモシーナー、qさん(nonoil、gorakubuのコーダー)にインタビュー


昨年、デモシーンのドキュメンタリーを翻訳させていただいた縁で、日本で活動するデモシーナーの方々とTwitter上で出会うことができました。(ありがとうございます) …これは質問をぶつける絶好のチャーンス!!ということで、先日ドイツのデモシーンポータル「4Sceners.de」が選ぶ2012年の”Best Invitation Demo”1位にも選ばれたCandyのコーダー、qさん(nonoil)にメールインタビューさせていただきました。

デモを選んだ理由、デモ作りのメソッド、Candyに込めた思い、自作デモツール、、、そして作業現場も公開していただきました!やったね デモシーンに詳しくない方でも、明日からの仕事に活かせそうなヒントがたくさん入っています。どうぞお楽しみください!

----------------------------------------------------------------------
まずは簡単に自己紹介をお願いします。

Photo: gorakubu.jp
こんにちは。qです。前はnonoilという一人グループで、今はgorakubuというグループのコーダーをやっています。


デモシーンとの出会いについて教えてください。どうして自分でもデモを作ってみようと思ったのですか?

demoだと思って意識して見たのは、elevatedです。
元々小さなゲームをいくつか作っていたのですが、あまり上手くいっていませんでした。理由は
1つは、単純に人と協力してうまいこと進めるのが非常に上手くなかったこと。
2つは、ゲームそのものにそれほど興味がなかったこと。
2つです。デモでしたらこの二つとも解消する事ができます。つまり、一人でもアイデアが何かあれば作れてしまいますし、一発ネタでも十分に高度であったり、斬新であれば評価されるという事です。
# もちろん最終的な完成度を評価するという面もあると思いますが。
# ゲームでもそのような方向のモノがあるとは思う(GGJみたいなのとか)のですが、本流ではないように見えます。

私は、グラフィックスプログラミングが好きなのですが、それがゲームの中に占める割合はそれほど高くありません。他分野のプログラミングや、ゲームとしての面白さを考える事、リソースの作成(絵、音楽)などもどうにかしないといけないため非常に壁が高いです。一方デモであれば、グラフィックスプログラミングさえできればprocedural graphicsのデモを出す事ができます。サイズの小さなジャンルであれば、音がしょぼくてもそれなりに許容される雰囲気もあります。
# もちろん、音にこだわる人もいるので、全部が全部ではないですが。


ご自身で初めて作ったデモはthe impactになるのでしょうか。この製作期間はどのくらいでしたか?1つのデモ作品を作るのに、だいたいどのくらいの期間がかかるのでしょう?

procedural gfxは比較的労力がかからないジャンルなので、これは数日だったと思います。
ちゃんとしたものを作ろうとすると、ツールづくり、検証作業などが入るので、数か月はかかります。プロジェクト開始直後の絵が出ない/音が出ない状態では、作業するのはコーダーだけなので、スキルによって関わる時間はだいぶ変わります。時間をかけているところはかなりかけていて、"GaiaMachina"2年位かかってるらしいです。


これまでの作品を見ると、毎回違った雰囲気のデモになっているように感じました。デモを作る前には、「この技術を使いたい」とか、「こんな雰囲気でいこう」とか、テーマを決めてから作成するのでしょうか?

後述しますが、一番大きなゴールは、完成させる事なのでテクニカルチャレンジに関しては特に意識していません。できたものは、手持ちのもの、すぐ近くにあるものを選択した結果です。


自分の中で決めているルールや、制作の時に気をつけていることなどありますか?

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...