2012/11/26

ぐんまちゃんの号外が出てる

昨日行われた「ゆるキャラグランプリ」では、ぐんまちゃんが見事銅メダルを獲得しました。
これを受けて、朝日ぐんまでは「特別号外」のぐんまちゃん号が発行されたようです。

コピーをいただいたのでアップしまっす。賞状で隠れてるけど、あの下にはぐんまちゃんポーチがあるのを見た。でもってあれだ、この号外は以前の紙面でAGの編集長が”ぐんまちゃんがメダル取ったら号外出す”っていうマニフェストを履行したものでもある。冗談だと思ってたけど…笑

いろんな所から「群馬県はぐんまちゃんに頼りすぎじゃねーか」っていう声を最近良く聞くんですけど、、しょうがないじゃない、、他にパンチの効いたウリがないんだもん・・。温泉もスキーも日本三大うどんも登山も尾瀬もサファリパークもドイツ村もあるんですが、「うどん県」みたいな一芸がないから目立たないんですかね・・・。

知名度が低いことで有名な群馬県のイメージアップを図るべく、ぐんまちゃんは県民すべての期待をその肩に背負い、馬車馬のように全国各地で営業活動を行っています(ブログももってるの)。そんなぐんまちゃんの頑張りが、今回見事に報われたのではないかと個人的には感じています。

東京にもサテライトショップの「ぐんまちゃん家」が銀座にあります。わざわざ行けとは言いませんが、近くまで通りかかった際には豊富なぐんまちゃんグッズを見てみてください。あと、前にも言いましたが「水沢うどん」。固めでコシのあるうどんがお好きな方は是非!(これは自信を持っておすすめしたい!)

2012/11/22

I still see a dream that I don't have enough math credits to graduate highschool

I kept saying to myself that I need to follow up Math contest blog post but... now... I can't recall what I was trying to add to it... haaa...:(

So I guess I’m just going to list up some stuff that were interesting to me while researching around the subject…

First thing first, “The Housekeeper and theProfessor” written by Yoko Ogawa. 
"The Housekeeper and the Professor" by Yoko Ogawa
The title sounds a bit like Harlequin romance, but it's not.
Not sure why it’s ended up with this English title but the literal translation of the novel would be “The Professor's Beloved Equation”. This novel is known to be the originator of recent math boom in Japan. It’s a very beautiful novel.. great marriage between math and literature. It describes the beauty of mathematics in such a delicate words… Even you don’t like math or numbers, I bet you will enjoy this and discover how romantic math subject can be. I’m not going to write the details of the book hoping you will check this later. There’s a movie of this novel too (but not sure there’s subtitle) and I found it’s also fantastic.

I enjoyed the novel and film “The Housekeeper and the Professor” but to be honest, I wasn’t so convinced that there’s an actual relation between math and romance. I believed that author’s magic and skill made it so romantic… until I find this documentary.


Fermat's Last Theorem (BBC, 1996)
Dear Sir Andrew Wiles,
          Please write your memoir... Not just about Fermat, but I'd like to hear more about the time you went to library and flipping through books with problems... 


It’s a documentary around Fermat’s last theorem proven by Andrew Wiles. He explains the struggle and excitement of proving this problem in a way that non-mathematicians can understand. Though I don’t understand the mathematical part, I could feel his strong passion and persistence towards this problem and math… I thought “Oh my gosh, so there’s a math professor like a novel for real…” and after discovering this, I started to check some books and documentary around math...(but not math problems or textbook...)

I’ve always thought that mathematics are all about remembering equation and solution method (and I needed a song to remember a trig function, just like I remember multiplication tables by song. well, it’s common in Japan), but as I dig, it seems like the real math is close to philosophy, requiring so much imagination. And it’s also interesting that almost all the books I’ve read around mathematics include the phrase of “god of mathematics”, such as “I think I saw a light of the god of math”, “I felt the existence of the god of math but I found I’m not able to go near it.” Hmm….

Throwing Natural logarithm table from Prime number stairways... / From NHK documentary

Other resources that I enjoyed are…Documentary around Poincaré Conjecture and Riemann Hypothesis made by NHK. (Available at NHK on demand, only in Japanese) They use many visual examples to explain how grand and how miraculous those problems are. I recommend these especially for someone who hated mathematics at school (like me).

And for math contest and math camp, there’s a great British documentary around International Mathematical Olympiad (IMO). I can’t compare this to what I’ve seen this summer (this is way too extreme, but I guess it's normal, because this is "Olympiad") but you can get the sense how the Mathematical camp look like. Along the IMO selection process, the film features very bright students’ struggles at school, family, autism and love (so sweet). Very interesting.

"Beautiful Young Minds" 2007

2012/11/21

高専ロボコンに行ってきました

先月のことになりますが、群馬県で開催された「高専ロボコン」の関東甲信越地区大会に取材に行ってきました。

今年の高専ロボコンのテーマは「ベスト・ペット」。ロボットをペットに見立てて、飼い主である学生と一緒に玉入れを行うという内容でした。今までの高専ロボコンではコントローラーを使っての操縦でしたが、今回からはコントローラーなし!!ロボットには手を一切ふれずに操るという高度な技術が要求されています。(競技内容について詳しくはこちら

高専ロボコンっていうと、カラフルでユニークなロボットが出てくるイメージがありますが、あのロボットが形になるまでの過程は地味~な作業だったんですねえ。大会の参加者には「ルールブック」が配布されるのですが(オンラインで配布してます)、このルールブックには寸法とか重量とか、動き方とか、、とにかく細かい内容がぎっちり文字で書いてあるだけ。この制限を理解したうえで、あれだけ面白いロボが出来てくるのだから、すっごいなぁと思いました。文字からデザインを想像するのもそうだけど、想像したものを実際にカタチにするっていうのは、、難しいですよねえ。

スタンバイ中のロボット。ペットなだけにかわいいロボばかり!

関東甲信越大会に集まったのは、東京・千葉・茨城・栃木・長野・新潟・群馬にある高専からの20チーム。わが群馬県からは、群馬高専の2チームが出場しました。

大会の4日前に群馬高専の「ロボット研究会」の部室にお邪魔したのですが、それはもうハイレベルな図工室!先輩が残していった設計用の機材や、用途不明なぬいぐるみなどが(笑)所狭しと置かれていました。仕上げに取りかかる上級生の横で、1年生はロボット輸送用の部品や箱を作ったりと忙しそうでした。なんでも、ロボットの制作には学校の授業よりもかなり進んだ内容が必要になるそうで、先輩が「講習会」を開いて技術を伝授していくのが伝統なんだとか。技術を伝授っていうのが、何だかエンジニアの世界っぽいなーと思いました。

「エンジニアのたまごが集まると部屋はこうなる」の図

群馬高専のロボットは、“うさぎとかめ”がモチーフの「R-Twin」と、3本の鼻がついた「グンマーゾウ」の2つ。「R-Twin」のほうは、ツインなだけにロボット2台。うさぎが玉入れの玉を拾いに行き、カメは発射位置で待機の分業制をとっています。うさちゃんの頭についたカメラが人の動きを追跡します。「グンマーゾウは」、発射位置にくると、収納されていた長い鼻を伸ばして、すべり台の要領で玉を流し込むロボット。ゾウの後ろにセンサーがついていて、これに手をかざしてゾウを動かします。

結果は2チームともが大活躍!両チームともがベスト4入りを果たし、「グンマーゾウ」は審査員の推薦を受けて全国大会に出場も決めました。(それから、ストリーミングを見ている視聴者が選ぶ「ベストペット賞」とスポンサーの特別賞も受賞!)大勢の観客、何台ものカメラ、実況中継のアナウンサー付きという状況で、堂々とした戦いっぷりでした。

しーかし、他のチームのロボットも含めて、本当にユニークなロボばっかりでしたねー。「ペット」っていう括りで、ギリシア神話からラーメン屋ののれんまで出てくる、、なんで?・・・(笑) この解釈の多様性たるや・・・ まさにロボコン!だなぁと思いました。

群馬高専の「ロボ研」パーカー。いろんな色があってこちらもカラフルだった。
やっぱり青春はチームウェアが基本よねん。みんなカッコ良かったよー。

学生の頃からロボコンはテレビで見ていたんですが、いつか実際に見にいけたらいいなぁ、作ってるところが見られるといいなぁと漠然と思っていたので、その2つが実現して個人的にもとても嬉しかったです。テレビで見るよりも淡々としたコンテストなのかなと思ってたんですが(編集マジックがあるから)、実際はテレビよりも白熱した雰囲気で、うれし涙と悔し涙にこちらももらい泣きの4時間半でした。


高専ロボコン地区大会の様子は、今週23日(金)にNHK総合にて放送されるということです。お住まいの地域の大会の様子をぜひチェックしてみてくださいね。高校生とは思えない技術力の高さと、ユニークなアイデアに驚かされること必至でございます・・・。
それから、全国大会は11月25日(日)に国技館で開催されます。

(群馬高専ロボコンの記事は、先週発行の「朝日ぐんま」紙面に掲載されています。)


2012/11/08

ちいさなお店:水沢観音のコーヒー屋さん

先週発行となった「AG」の11月号はぐんまの「ちいさなお店特集」でした。

月に1度しか開かないアンティークのお店や、自転車でドーナツを売るお店など、どれもほんとに個性的でとっても魅力的!知らないお店ばかりだったので、あとで全部まわってみようと思っております。楽しみだなー。

AG 2012.11月号

私もその中の1軒、水澤観音の駐車場にあるコーヒー屋さんに取材に行ってきました。

駐車場に止まった黄色いミニバスがお店なのですが、実は県外からのファンも多い話題のお店。人気のひみつは、コーヒーのおいしさもあるのですが、店長の飾らないお人柄。仕事の合間や家事の合間に訪れて、「マスター、ちょっと聞いてよ~」っていう現場も短い取材の間に何度も目撃しました。(そういう場所があるって、いいですよね。)

お店の合間には絵も描くというマスター。出来上がったところで来たお客さんにプレゼントするんだとか。こういう偶然の出会いを何より大切にしているんですって。粋よねー。私もこれをいただきました。(裏にはありがたいお言葉も!) 

以前から、何となく煮詰まると水澤観音までドライブに行くことが多かったのですが、水澤観音の「非日常」っぽい感じと、このコーヒー屋さんの雰囲気がぴったりだなぁと思いました。肩の荷を下ろしにいくような場所というか、ほっと一息つける場所です。


今の時期だったら、伊香保で紅葉を楽しんだ帰りに寄り道するのもいいかもですね。お寺ではありますが、地場野菜のお店なんかも出てるので(安いんだこれが)そちらも楽しめます。
県外の方は、近くに日本三大うどん「水沢うどん」ストリートもありますので、そちらでつるつるっと食べて腹ごなしに水沢観音でお散歩っていうのもおすすめです。固めのうどんとさらっとしたゴマだれが絶品で・・・ (じゅるる~)


「AG」は毎月第1金曜日の発行です。(群馬県にお住まいの朝日新聞を購読されている方向けに発行されています。発行日には、県内のコンビニで買っても入ってるってことなので、中にはさまってることを確認してからご購入くださいませ。)

2012/11/07

"run demo" - How I discover Demoscene -

I got some Tweet comments from Japanese demosceners and people around the scene for “Moleman 2 : Demoscene - The Art of the AlgorithmsJ Seems like some are watching it many times… Yes!! Watch it! Replay it! And show your love by LIKE-ing it J (Interview with Szilárd Matusik, the director of this film can be read here.)

In case if you’re wondering how active Japanese demoscene is, there is “Tokyo Demo Fest” which has been held since 2011. (This is where Moleman2 was premiered in Japan. The party’s invitation intro was ranked 1st at Hungarian party “Function” this year, a party which you can see in the movie.) If you are interested in Japanese culture and demoscene, probably it’s the best timing to visit… I’m no one to comment about demoscene, but I can assure you: Our food is great and Tokyo is fun.

----------

Well, as I say, I’m not a demoscener or programmer. I’m just a usual computer user who needs constant help from people and manuals. Today, I’d like to explain why tech-idiot like me decided to translate this movie into Japanese...

The first time I saw a thing called “demo” was when I was around 10. There was a PC-9800 series computer for my father’s business. (PC-9800 series was the most common machine in Japan back then. I remember our model got 2 drives for 5-inch floppy) I guess my dad was trying to bring in new technology, but somehow he started to avoid it after several weeks..:D And he gave me a permission to use it. Yippee!


Probably the right machine is the closest to what we have...
Photo@Youtube

Around that time, PC company used to send someone to teach how to use. Not sure it was a part of customer care, but an instructor used to visit our house about twice a month. Since I got permission and I was dying to try this ‘mature’ machine, I decided that I take this lesson on behalf of my dad. (Also because my dad used to get extremely busy around the lesson time…specifically around the lesson time :D) When the instructor found 10yr old girl waiting at the desk, he looked confused (naturally) but he was kind enough to teach me how to power on/off computer, how to handle floppy (like formatting) and 2 command lines; “run menu” and “run demo”.

I remember he explained to me that “run demo” shows us what this PC can do (Probably it’s installed in PC). And the first time I saw it.. I was just stunned. Until several seconds ago the screen was black and white, and suddenly colorful line art like a laser beam show up on the screen. It was so cool. Even after the instructor left I kept typing “run demo” wondering how this can be possible. Then I started to draw lines and circles by reading the telephone book like manuals to try making something similar to this demo. I spent some weeks to draw a picture with only circle and lines to show the instructor but he never show up after that… (I can understand) Then at some point I sensed my limits and stop doing it.
But I remember I watched that demo every time I used that computer. 




It was about 1min demo like this with no music. …but not sure, my computer didn’t have sound card. (This is a music video of Kenton Slash Demon’s “Deamon”. They tried to reproduce computer effect with analog way. You can see the hand to bend strings :D  Swoooon… Their previous work “Matter” also looks like analog-demo. )


I found the existence of “demoscene” about 5-6 years ago. In the meeting I joined as an interpreter, there was a guy who was referred to as “Legend” or “Genius”. I wondered what kind of “legend” he has and the search(!) took me to ‘demoscene’. As I wrote before, I first thought it’s a community with smell of danger :D but as I read on, I found that this “demo” is a same kind as that “run-demo’s” demo. But...why it’s so different from what I’d seen? What was happening in overseas? What is Party? Why people are so enthusiastic about this??? To figure out, I started to read old articles and mail magazines (for articles in 90s, I liked this WIRED's article).

To me, existence of “Demoscene” has been like an unidentifiable club at school… We know there’s a small room for this club and we see people inside the room is having fun till late night, but for outsiders it’s a full of mysteries. I try to dig more whenever I remember it, but it didn’t go well… then I run into “Moleman 2” demoscene documentary. This film instantly answered almost all the question I had for years. I felt that I wish I could have seen this when I first heard about demoscene… and hoped that more people discover this interesting world of demoscene with this movie. And that was the motivation to do Japanese translation. (Also, coincidentally I had occasions to meet quite a lot of computer-enthusiastic highschool students right after I saw this film. I wanted to introduce this film but they all claimed that they are not good at English.)

Among many other footage in the movie, I like one where the young boy from Transylvania saying “I’m really lucky to have the demoscene”. Just like him, I’m sure there are many people who discover what they can put their heart into through the demoscene… programming, graphics, music or lamer stuff :D… whatever that is... I believe it is really fortunate to have a hobby you can seriously put your time and effort into.

Since I don’t understand the technical part at all, I enjoy demo/intro as a visual work. I’m now in early 30s, but feels like 10-year-old again when I see demo! :D 

I hope this scene will continue and evolve with the time, and.. looking forward to see some awesome demo in the future. :)


2012/11/02

「run demo」 ~デモとの遭遇~ 私とデモシーンとの出会い

Moleman2のデモシーンのドキュメンタリー映画ですが、日本からの反応を知った監督のシラードさんより、「映画作って良かった―!」というメッセージが届いていました。(笑)翻訳しただけの私にまで温かいお言葉をくださった皆さん、どうもありがとうございました。私も「訳して良かったー!」と思いました。(照)シラード・マツシック監督のインタビューはこちらからどうぞ。

この文化にご興味を持たれた方、日本でも2011年から「Tokyo Demo Fest」が開催されております。(今年の開催の様子はこちらMoleman2が日本で初めて公開されたのもこのパーティー!)あとは、こちらの記事や、こちらのレポート、そして日本のデモシーンポータルとしてdemoscene.jpがあります。あとはリンクやキーワードをたどり、どんどんディープな世界に足を踏み入れてくださいまし。(笑)

(追記: とりあえずデモを見たいと言う方は、去年1年間に公開されたデモの中から選ばれた「ベスト・デモ」を公開しているこちらのページへどうぞ。2010年以前のものはこちら。)

--------

さて、今日はデモシーナーでもプログラマーでもない私が、どうしてこの作品に日本語をつけようと思ったのかについて書きたいなと思います。

私が初めて「デモ」と呼ばれるものに出会ったのは、10歳ごろでした。父親の仕事用に、当時パソコンと言えばおなじみのPC-9800シリーズが家にあったのですが(型番まで覚えてないけど、5インチディスクが入るドライブが2つ付いていた)、導入してほどなく父がパソコンに寄りつかなくなり…(笑)、反対にいつもパソコンの周りをウロウロしていた私にめでたく利用許可がおりたのです。(とにかくこの大人っぽいマシンを触りたくて仕方なかった!)

これがいちばん近いかなあ、、デスクトップのほう
Photo:Youtube

顧客サービスだったのかは分かりませんが、当時は月に2回ぐらい指導員が使い方の説明をしに来ていたので、許可が下りた私はうっきうきでデスクにスタンバイ!指導員の方は、父ではなく10歳の女の子が待っていたものだからビックリ…(そりゃそうだろうねえ) それでも、1時間ほどの間に、電源のオン/オフからフロッピーの扱い方、そしてキーボードで打ち込む2つの「命令文」を教えてもらいました。1つは、メニュー画面を表示させるための「run menu」(電源入れるだけじゃメニューが出なかったから)、そして2つ目が「run demo(デモを実行)」でした。

このパソコンで出来るお手本だと説明されたと思うのですが(パソコン本体に入ってたんだと思う)、この命令文を入力して出てくる画面がすごーくカッコイイ!さっきまで白黒だった画面に、レーザー光線のようなカラフルなラインアートが!!とにかくこれには、しびれました。指導員の方が帰ったあとも「run demo」しまくり、、来る日も来る日もこのラインアートを見ては、どうやったらこんなことが出来るのかと電話帳のようなマニュアルを見ながら、線を引いたり、マルを描いてみたりするようになりました。次に指導員の方が来たら見せようと、せっせと絵を描いていたのですが(直線とマルだけでね!)、あれ以降、姿を見せることはありませんでした。まあ、そうだよねー。私もそのうちに不可能を悟り(笑)、やめたようです。でも、それからも数年間、パソコンに座るたびにデモは必ず見ていた覚えがあります。


こういう感じのラインアートが1分くらい表示されてた。音楽はなかったけど、パソコンにサウンドボードが入ってなかったので、実際にはあったのかは不明。(ちなみに、このKenton Slash Demonの"Deamon"PVは、コンピューターのエフェクトをアナログで再現しようという取り組みらしい。途中、弦を曲げる手が見えます() すてきー♡ この前の作品、"Matter"もアナログで再現の感じ。音楽もすてきー。)


「デモシーン」の存在を知ったのは、今から56年前のことです。そのころ一度通訳として参加した打ち合わせの中に「伝説」とか「天才」とかいろんな人から呼ばれている方がいたので、いったい何の伝説なのかとググった先で見つけたのがデモシーンでした。前にも書きましたが、最初は何やら危険な香りのするグループかと思ったのですが(笑)、もしかしたらこれは、、あの「run demo」の種類のデモ?と気付いてからは、なぜ私の知るデモとこれほど違うのだ!海の向こうで何が起きてたんだ!パーティーって何だ!!何だこの異様な盛り上がりは!と不思議に思い、昔の記事やらデモのメルマガなどを見るようになりました。

ときどき思い出した時にチェックしてたせいもあるんですが、デモシーンに関しては謎が多くて、いつまでも理解できない世界だなあと思っていたところに出会ったのがMoleman 2のドキュメンタリーだったのです。このドキュメンタリーは、私が数年疑問に思っていたことに、あっという間に答えてくれました。最初からこの映画に出会えてたらなぁ、と思ったのと、もっとこの面白い世界を日本でも知ってもらいたいなと思ったことが翻訳をしようと思ったきっかけです。(至らない点も多い翻訳ですが、、そこは許してくれ!笑)

映画の後半にでてくる、「デモと出会えて幸せだ」と言う男の子のように、デモシーンの存在を知ることが、自分の情熱を注げるものとの出会いにつながる人も多いと思います。プログラムでも、グラフィックでも、音楽でも、レイマーでも(笑)何でもいいと思うんですが、、そういう人が1人でも増えるといいですよね。真剣に時間と労力をつぎこめる趣味があるって、本当に幸せなことだと思います。

私は技術的なことは全く理解できないので、主に映像作品としてデモを楽しませていただいてます。アラサーですが、デモを見るときの心は10歳!!(笑)これからも凄い作品が出てくることを楽しみにしつつ、、、シーンの存続と進化を陰ながら応援しております。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...